「銀座☆猫まっしぐら展」お疲れ様でした!

前回告知させていただいていた「銀座☆猫まっしぐら展」、本日で会期終了でした。
ご来場下さった方、ありがとうございます。


結局最終日のみの在廊となってしまいましたが、たくさんの方とお話をさせていただくことができ、また、感想を直接聞かせて頂くことができてとても嬉しかったです。
作家様方とも搬入出時にお話をさせていただいたのですが、触れたことのない画材や、羊毛や系となど全く縁のなかった世界、また、同じ水彩でも全くスタイルの違う方の絵を見ることができて、勉強という意味でも得るものの多い展示でした。……猫もたくさんいて可愛かったしね!幸せだったよ!

それから、アモーレ銀座ギャラリーのスタッフ様、特にはるかさん。大変お世話になりました。本日の在廊中に色々とお話をさせていただいたのですが、本当に本当に勉強になりました。
立体物の展示のお話は本当に興味深かったです。今回は猫がテーマだから、羊毛の作家さんは目線より少し下の方に飾っていらっしゃって、ちょうどうちの猫と話すときの視線になることや、照明の当て方などにも気を使っているとのこと。立体の猫ちゃんたちは、まるで生きているような存在感でした。
今回は在廊できない日が多かったのですが、そのほとんどの日をお一人で受付から来場者様のご対応までしていただいて、本当に頭が下がります。
在廊中も間抜けな私に変わって個展のDMや名刺を渡して下さったり、どう話しかけようかとマゴマゴしている私とお客様との間を繋いで下さったりと画廊のスタッフさんというのはかくも気の回るものなのかと……。本当にお世話になりました。ありがとうございます。

***

さてさて、自分サイドからのお話を少し。
今回出展していた「最後の世代」ですが、ある程度描き上がったところでとりあえず額装に出し、その後前日夜まで筆を入れていたという情けないお話があります。結局毎回毎回ギリギリまで描いてしまうのは何故なのでしょう…不思議。
そして在廊中は毎度のことながら緊張しっぱなしでありました。ご来場の方に話しかけるのにも緊張し、冷や汗をかき、心臓が破裂しそうになっておりました。私の心臓はノミの心臓です。
幸い今回は「猫」がテーマの展示だったので、ご来場者様も作家さんも猫好きばかり。猫のことなら話せる私ですが、猫愛を語りすぎて引かれないようにセーブするのも難しいという(笑)。
一番気にして描いているのは目や表情なのですが、猫って、目や表情で訴えかけてくるのですよね。遊ぼう、とか好きだよ、とか、ちょっと気になるよ、とか。そういう部分を褒めていただいたのは本当に嬉しかったです。
今回出した絵は全て野良の子達なのですが、絵に描かせてもらう為にコツコツ通って少しずつ仲良くなりました。もともと懐っこい子達ばかりだったのですが、お腹を見せてくれたり、少しビビりながらも逃げることなく座っていてくれたり。そういう絵を見て、「猫が安心しているのがわかる」と仰っていただけたのもまた嬉しかったです。お話をさせて下さった方々、本当にありがとうございました。

***
あんまり長くなってもアレなので、最後に展示の様子の写真を。ツイッターでは先に貼ってしまっているので今更感がありますが。IMG_4719
入ってすぐ左手の壁、とても目立つところに展示して頂いてました。フレームはなるべく小さめに抑えたのですが、それでも規定サイズミチミチの6号三枚。場所食ってしまって申し訳ないと思いながらも、素敵に展示していただけていて嬉しかったです。ありがとうございます!

***
さて、次は個展です。これからようやくDM発送準備に取り掛かります。
受け取ってあげるよー!という方は、こちらのブログのContact、もしくはツイッターのDMからご連絡ください。

ではでは、今日はこの辺りで。
にほんブログ村 猫ブログ 猫絵・猫漫画へ

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中