牙の話。

お久しぶりです。
さて、実に一ヶ月ぶりのブログ投稿です。三日坊主にすらなれません。

今日は我が家のねこの牙の話を。

抜けました。
ある日、愛くるしいまなざしで私を見つめてにゃーと鳴いた愛猫の、左下の牙がなかったのです。
びっくりしすぎて3秒でかかりつけの動物病院に電話をして受診して参りました。その日は診療時間に間に合わず。その翌日は動物病院が休診日、ということで翌々日の受診です。
電話した時点で「もしかしたら縫うかも」と言われていたこともあり、受診までの二日間、心配すぎて私の胃にとんでもない負荷がかかっておりました。

受診結果は「問題なし」。
私のケアが悪くて歯周病にかかってしまったのではないかと思って、二日間ねこに泣きながら謝っていたのですが、そういうことではないらしく。口内環境は非常に良いと。歯石もなく、歯周病でもないと。
ただ、歯茎が下がってきてしまっている、これはもうどうにもできない。ケアが悪いとかではなく、ねこの体質によるものなのだと。歯茎が下がってきているので、歯を支える力が弱くなっていて、今後また抜けてしまうかもしれない、ということでした。

これならいっそ「お前のケアが悪くて歯周病になったんじゃ!!」と言われた方がまだよかったです。私が悪いのなら、私がケアの仕方を改善すれば歯周病も治るのですから。現実は甘くないですね。
上の牙が抜けるとかなりまずいそうで、すぐに縫わねばならないということ。
家ねこなので、牙が抜けてしまっても食事に影響はありませんが、心配な日々は続きそうです。

enokoros
「狗尾草」ワットマン水彩紙/透明水彩/F4

で、本人はそんなことも知らずに、仕事の帰りに摘んできた猫じゃらしをもぐもぐ食い散らかして満足そうにしておりました。という絵。なかなかイメージが固まらなくて、同じ絵を最終的に10枚近く描く羽目になってしまいました。

前は猫草を自家栽培していたのだけど、ベランダで栽培すると海辺なので潮風にやられてしまうし、室内栽培だとあっという間に食べ散らかして吐いてしまうし、尿結石の関係で療法食以外は完全禁止にしていた関係もあってかなり久しぶりの葉っぱです。

普段外から摘んできた草は水で一度洗ってからあげているのですが、もうその洗っている時から狙ってにゃおにゃおと鳴いておりました。かわいい。

大切な君が、どうか今日も明日もその先も、少しでも幸せだと感じてくれますように。親バカ全開で今後も頑張ります。
ではでは、今日はこのあたりで。
にほんブログ村 猫ブログへ

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中