病気の話

IMG_3204
ブログの更新は気をぬくと滞る。というよりも、絵を描いて更新という感じにしていたので、描くのが遅い私の場合、必然的に更新頻度が低くなるんですね。これはいかん、ということで、日常のことなんかをもうちょっと書いていこうかなぁと思います。ちょっとしたスケッチがつけられればベスト。

今日の話題はねこのご飯と病気のお話。

当家のねこは、尿に石ができてしまいました。今年の一月、年に一度受けている健康診断で発覚。

自分なりに色々と調べて、ねこの健康とフードには気を使っていただけに、とんでもなくショックを受け、その日は激しく落ち込んでしまったのです。

何が悪かったんだろう。雄猫は尿路疾患になりやすいと聞いていたから特に気をつけていたのに、と。通っている獣医さんは、「何が悪かったとかではなく、その子の体質だからね」と言ってくれました。

で、出してもらったのが今日描いたフード。ロイヤルカナンの「pHコントロール オルファクトリー」です。

ロイヤルカナンは没食子酸プロピルとBHAが酸化防止剤として使用されているので避けていたのですが、ねこと暮らし始めた当初から「ねこが病気になってしまったら、獣医師の指導に従う」と決めていたので、サクッと切り替えました。幸い、小さな頃からローテーションでフードを与えていたため、ねこも嫌がることなくスムーズに切り替え完了。当分、このフードのみです。

料理の仕事をしている自分が、何よりも愛しいねこから「食べる楽しみ」を奪ってしまった、とひどく落ち込んでいたのですが、落ち込んでもねこが治るわけではないので、とすぐに復活して、今後はどうしたらいいのかな、と色々考えています。

ねこの病気は飼い主の責任、と今でも時々考え込んでは落ち込みますが、これから先、できるだけのことを全部していきたいなと思っています。ねこが少しでも幸せだと感じてくれるように。

今日はこのあたりで。

ではでは、また。

にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中